--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.22

受けすぎ

相手の攻めに付き合いすぎて負けた将棋です。
先手居飛車、後手四間飛車で先手が私。早指し。


68手目△8五桂の局面。
この桂跳ねをうっかりしていて少し動揺しました。
相手の角がよく利いていて6六の地点が受けにくい状況です。
本譜はなんとか6六を受けようと▲6七銀
以下△7七桂成▲同桂△6五歩となり、次に△6六歩が銀に当たってしまいます。
そしてさらに▲6五同歩としたのが最悪で△6六歩で相手の攻めに弾みをつけてしまいました。
▲6五同桂ならこちらが少しよさそう。

△8五桂には▲2四飛と走るべきでした。
以下△7七桂成▲同桂△6六角▲2一飛成△5七金▲3三歩成△6八金▲同玉で互角でしょうか。
まぁ本譜より全然いいですね。


受けれそうにないなら無理に受けずに攻めあいで勝負するべきでした。


レートは825↓


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。