--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.12

相手のミスに助けられ

相掛かりで後手が私です。早指し。
先手尻出し銀?の形でした。
相手のミスに助けられた一局。


59手目▲1七桂と跳ねたところ。
ぱっと見は△1六銀と出る手でした。
でも▲2五桂と跳ねられるのが嫌で、△2七銀
これが悪手で▲5八飛△3六銀上▲同金△同銀で次に▲8三銀をうっかりしてました。
▲5四角を打たれた時点ではその筋に気づいていたんですが、このときは忘れ。
ここでは△1六銀が正解のようです。
以下▲2二歩成△同金▲3四桂△5五歩▲4二桂成△同玉▲3四角△1七銀成▲同香△同香成くらいでこちらが良かったです。
もし▲2五桂なら△5五角▲4六歩△2七銀成▲同金△同歩成▲同飛△1九香成で有利でした。

このあと▲8三銀をもらってしまい最善は△同飛のところを間違えて劣勢に。
ところが相手も間違えたため再び互角な状況へ。



89手目△2八飛▲4八歩と受けたところ。
ここで△5七歩がよかったです。
以下▲4九玉△2九飛成▲3九金△5八歩成▲同玉△3九龍で優勢です。
本譜は△6八角成▲同玉△4八飛成に先手が5八桂としたため寄せることが出来ました。
もし▲6九玉だと寄らずに粘られます。







先手はこちらの飛車を取ってからいつでも攻めることができたのに、
私の攻めに付き合いつづけた結果、逆転することになりました。
私は▲8三銀の見落としとその後の対応がまずすぎました。


レートは848↑

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。