--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.20

SMK王位戦

王位戦予選決勝です。
相手はHideto123さん。
内容は散々でした。
急戦矢倉にしようとしたものの対処されて慣れない相矢倉に。

後手が私です。早指し。


53手目▲3五歩とついてきたところ。
ここで△4五歩としたのが悪手で▲4五同桂△4四銀▲3四歩と取り込まれてしまいました。
歩損になったうえに相手の跳ねたい桂を跳ねさせてしまって。。
対局中は△3五同歩▲同銀△3四歩▲2四歩から角と銀の総交換になってまずいと思ってました。
でも錯覚でした。2三の地点に玉と金が利いてるのでこの順は交換の変化にはなりませんね。
交換なら△3五同歩▲2四歩△同銀▲3五銀△同銀▲同角とかでしょうか。
まぁとにかく対局中もっと冷静にならないと。




63手目▲3三歩成
本譜は△3三同桂▲同桂成△同金▲4五桂となって攻められっぱなしの展開に。
ここは△3三同銀と取り▲同桂成△同角として▲5二銀なら次に△7五銀の勝負手がありました。
(これは感想戦でHigashionnaさんが指摘してくださいました)
これだと▲5五歩△6六銀▲同金△7七歩▲同桂△同桂成でだいぶがんばれますね。





101手目▲4四角と打たれたところ。
この数手前にHidetoさんのクリックミスで龍をタダで取れて命拾いしています。
形勢は、駒割が飛車角交換でほとんど差がなくて互角になってます。
ここで△4四同龍とすれば▲同銀△同玉でこちらの銀得ですが、飛車もたれると怖すぎ。
対局中も銀得になるって分かってましたが流れ的に飛車渡すのが嫌なので自重。
本譜は△4三玉とかわしました。
ところがこれはあまりよくなく、▲6五銀と桂を取りつつ次の▲4六銀を狙われると苦戦でした。
▲6五銀△同銀と取れないので△5三銀ですが▲5四銀△同玉▲4六桂と攻めが続きます。
あるいは△5三銀にかえて△7七歩の詰めろで▲同角△3八飛▲6八歩△7六歩とかですか。
まだまだわかりませんでしたね。


勝利を拾ったかんじです。
まぁ頭を切り替えて決勝トーナメントに臨もう。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。