--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.25

3局目

今回は散々な内容でした。

戦型は▲向かい飛車△居飛車で後手が私です。
図は▲7六桂△7四飛▲8一馬と桂馬を取られたところです。


 本譜は△6五銀▲9一馬△5五桂▲5六香△4七桂成▲5二香成△同玉となって一気に劣勢に。
 ここでは△6五桂だったようです。以下▲6六桂△7七桂不成▲7四桂△6九桂成▲7一飛△5一銀でいい勝負。

 対局中は7四の飛車が窮屈でなんとかしたくて6五銀だったんですが、普通に9一馬で飛車が動きにくいままという結果になってしまいました。

 後は玉の位置が悪くさっさと3一玉としておくべきでした。

 よくなった局面のないままでした。
 これで1勝2敗。勝ったのは11級相手で負けたのは10級相手だから棋力相応ですね。

 レートは519↓

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。