--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.21

迷い迷って

攻めるのか守るのか迷って決断できないまま、指して
そして負けた情けない将棋です。

先手が私です。飛車先つかない矢倉?をされました。

76手目△5八金の局面。
序盤ひどい陣形にしてしまいましたが、
相手のミスに助けられて逆に有利に。
相手の1三の角が利きすぎてて、それに気をとられてました。
ここでは▲4三桂がありました。
これがいきなり詰めろで以下△5三金▲5一金△4二玉▲5二金△同金となっていれば、
すぐには詰みませんが優勢でした。
本譜は角の利きに目が行って▲4六桂としてしまい以下も疑問手連発の展開に。



入玉を狙ったほうがいいのか攻めたほうがいいのか分かりませんでした。
でも今見ると成り駒が角だけなので入玉は無理ですね。

反省点が多い一局でした。

レートは714↓

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。