--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.11

新人王戦一回戦

新人王戦の一回戦がありました。
中盤かなり劣勢でしたが、
相手の竜を取って互角に、馬を取って優勢になった感じでした。

先手居飛車、後手四間飛車で先手が私です。

54手目△7一桂としたところ。
どうさしていいかわからなかった局面です。
△7四歩が気になりましたが、王手竜がありそうで後手もしにくいかな。
ここでは▲3一竜と相手の角打ちを事前に避けておくのが良かったです。
本譜は▲6六銀でしたが△6四香と打たれて失敗でした。
他に▲6五角があるようですが、
△7四歩▲同角△7七歩▲同桂△8九角▲同玉△6九竜の変化は相当怖いですね。。



93手目▲6六金としたところ
形勢はどうでしょうか。
手番:後手
玉の堅さ:先手か。右側が広い。
駒割り:後手。飛車と銀銀の二枚替え
駒の働き:先手。竜の利きが良い。
ほぼ互角ですね。
ここで△4二銀ならまだまだ互角の状況が続いていました。
以下▲2一竜△6五桂▲4九桂△8一銀▲7五金△同歩が一例です。
本譜は後手が8五馬としたため▲7七桂で馬が死んでしまいました。
局後の感想戦でも△8五馬が敗着という感じでした。
対局中も遊んでた桂で馬を取ったので良くなったと感じていました。

次は二回戦でS_tokubeiさんとです。
竜王戦では完敗でした。
意外に早く対局のチャンスが回ってきたのでがんばります。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。