--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.23

崩れだすと止まらない

一度寄せそこなうとまだ優勢であっても修正ができません。
そんな一局。

角換わり後手棒銀です。先手が私。

ほとんど勝ちだろうとおもっていました。
▲5一竜△5二桂で相手の持ち駒もないので。
ただそのあとが見えなかったです。
今見ると▲5五銀としばって終わりですね。
本譜は▲6二同竜。。
△同玉▲7一角から詰むと思ったんですからだめすぎます。
▲6二同竜△同玉▲7一角△5一玉▲5三角成△4二金▲3二金△5三金となって次の図。




ここは▲7二成香で詰めろをかけていいですね。
かなり受けにくいです。
しかし実戦はそんな冷静さはありませんでした。
▲4一金と打ってしまい△5二玉でもう寄らなく。
先手は詰みがないんだから詰めろで迫っていけばいいのにと今は思うのですが。
対局中は動揺しまくりでした。
以下一度形勢が崩れだすと止めることができず逆転負け。




うーん。錯覚してしまったらしょうがない。
そのあとどれだけ冷静に戻れるかが問題です。
いい方法を考えないといけません。
しまった!と思ったら自玉の安全度をチェックすることにしようかな。
もし自玉に一手余裕あれば、相手につめろをかけれるかとかに思考がいけば冷静に戻れるかも。

レートは657↓

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。