--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.07

竜王戦B組2回戦

序盤に勘違いがあっていきなり銀損になってしまいました。
ちょっと突進しすぎた感じです。

戦型は相掛かりでした。

 図は▲2四歩に△同歩とされたところ。
本譜は▲1四銀として銀損にしてしまいました。
ここでは▲同銀がよかったです。
対局中は△2三歩で銀が死ぬと判断してしまいました。
でも△2三歩には▲6六角がありますね。
ですので▲同銀には△2七歩打で以下▲同飛△4九角打▲2八飛で互角ですね。
ちょっと展開が早いかな。。



 84手目の図は後手が28飛成と28の歩を取ったところ。
後手は52玉とすべきだったようです。
ここで先手は6三桂成とすべきでした。
 本譜は▲6八香でした。対局中はどうも△6八金が気になってました。
ですがこれは▲同金ですかね・・。でも怖い変化です。
しかし△6九馬と入られるほうが厳しいようです。



難しいなー。自陣が不安だったから受けたんですが。
よく考えると▲6三桂成で銀を取りつつ2二の馬が自陣に利いてくるのでなんとか持つのかな。

将棋はなんとか勝って3回戦に進めました。

レートは692↑

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。