--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.02

美濃対矢倉

今週3局目は迷う局面の連続でした。
あまり正着は選べてなかったようですが(汗

先手三間飛車、後手居飛車で後手が私です。

 図は序盤で一番わからなかった場面です。
 ▲6五歩に△5五角と出たのに対し▲7七桂とはねられたところです。
 ▲7七桂では7七角のほうがよいですね。まぁとにかく。

 ここで△4五歩とつきたかったんですが。▲5六歩で角をどうすればいいかが分かりませんでした。
 かわりに指したのが△7二飛。これでも悪くない感じだったんですが▲7三歩と叩かれるのが読めてなくてちょっと悪くなってしまいました。


 ここではやはり△4五歩が良いようです。もし▲5六歩なら△4六角▲同金△同歩です。この4六の歩が大きい。まぁめちゃいいというわけでもないですが。
対局中はやっぱり駒損だからだめかなと見送ってしまいました。

勝負は相手が駒を辺境に打ってくれたため勝ちになりました。

レートは643↑

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。