--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.03.28

SMK順位戦対MELTY BLOODさん戦

戦型は後手3三角戦法から立石流でした。先手が私です。
3三角から立石流の定跡を知らなくて序盤から時間を使ってしまいました。
ポイントは△3五歩に対して▲7七角と飛車浮き阻止とのことです。



△3六歩と仕掛けられたところ。相手に銀などの応援がないので大丈夫だろうと▲4八金としましたがぜんぜんダメでした。
以下△4四角と打たれてやむを得ず▲3六飛から飛車交換に。
他にも△3七歩成▲同金に△3八歩がありハマってる感じ。

正解は▲同歩のようです。△4四角には▲3五歩△同角▲3六飛で大丈夫です。
一応読んだのですが△3五同角がこちらの5七銀に当たるのでやめてしまいました。
ですが▲4八金よりよっぽどマシでした。相手の攻め筋が見えてないのが悪いですね。



相手に一失あり互角になっています。▲4五飛と角桂両取りに打ち込んだ手に対し△2四飛と受けられたところ。
これに意表を突かれました。
次に△2二角と引かれたら飛車が死にそう(に見えた)。なので▲6四歩~▲6二歩といきましたが、そこで手がなくて参りました。

正解はじっと▲5八金でした。△2二角なら▲3五飛△4三銀に▲2六歩と打って飛車は大丈夫でした。
△4三金なら▲5六銀△3四金に▲4四飛でしょうか。ここは難しそうです。
▲5八金はずーっと指したかった&この局面でも指そうとしたのですが飛車が死ぬと思い指しきれず。
実際は角と交換くらいで問題はなかったようです。



この局面は後手優勢。取られた桂を5五に打たれては困りました。相手の攻め駒は全部私のなので対局中は半泣き状態でした^^;
ここで一矢報いるなら▲7六角がありました。
以下△4七桂成▲5四角△4三金▲同角成△同銀▲3三歩成で敵陣破ってちょっと気が晴れます(笑
角は3五とかに打つつもりだったので左から打つ7六角は見えませんでした。
でも相手の3二の金が浮いているので気づくべきでした。

今回は定跡を知らなかったのが勉強不足というほかありませんでした。
次からは7七角を打つ&序盤に時間使わずに済むと思います。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。