--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.03.22

SMK順位戦対myondaさん戦

戦型は居飛車力戦で後手が私です。
迷った局面を2つ挙げます。先後逆。


▲2四歩に対し第一感は△同歩でした。
ですが▲同銀と出てこられて角で取れない&▲3三歩成から殺到されそう
なのでダメと判断してしまいました。
実際は▲同銀に△2三歩と打っておけば▲3三歩成△同桂▲同銀成△同銀▲2五桂に
△3四銀打とがっちり受けてうかっていました。

本譜は角を自由にしようと△7四飛。一手パスの見本^^;
普通に▲2三歩成で悪くなりました。

正解は△5四歩です。最も利いているのが5五の角なのでそれに働きかけるのはいい感じです。
▲2三歩成には△5五歩とすればOKです。




図は▲3四歩と打たれたところ。厳しい。
本譜はもうだめかと思って苦し紛れに△3五歩。
以下▲同飛△5七角▲3六飛△3五歩となってなんとか飛車が止まりました。
先手は▲3六飛がまずかったようです。

この局面の最善は△3八角のようです。△4七角成が王手飛車なんですね。
気づいてませんでした。
以下は▲5八玉△2七角成▲3五飛に△3四銀と歩を払って。
▲同飛なら△6六銀と出てどうでしょうか。うーん、ちょっと駒が足りない気も。

結果的に苦し紛れの歩打ちが相手の悪手を誘ったことになりました。

仕掛けられたあたりで、
相手に3筋を渡した代償にこちらも7筋を取って位は互角。
玉の位置の差でちょっとこちらがいいはずと思ってたのがよかったようです。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。