--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.30

第11回SMK新人王戦決勝戦

大阪道場T室にてcobra creedさんとの決勝戦。
結果は149手までで先手cobra creedさんが勝ちました。

だいぶ神経を使う将棋&ずっと少しの駒損で大変でした。
優劣不明の局面も多く長時間の感想戦でも敗着がわからないくらい。
観戦のでーもんさんに「熱戦でした」と言ってもらえるような内容となりました。

もう一度並べなおして敗着は見つけられたと思います。
自戦記として振り返ります。
私が後手でしたので図を無理やり反転してあります^^;



37手目:



5一から4一金とした金の位置が悪く△4二金とすべき。
銀が動くと5三の地点が開いてしまう。
神経を使っているところに▲7五歩と仕掛けられた。
△同歩は▲7四歩で早くなると思い△8五桂としたが▲7四歩と取り込まれて良くない。
ここは△同歩が勝ったようで以下▲7四歩△8五桂▲7三角△同銀▲同歩成に△3六桂からと金を抜く。

うーん、微妙ですか。やはり△4二金としておいて銀の自由を確保しないとしんどい感じです。



88手目:



△4六桂▲4七銀打△5八桂成△同銀に△2四桂と打った。
コビン攻めを狙ったものの駒が不足して思ったほど厳しくなかった。
ここは△4六桂ともう一度打つべきだった。以下▲4七銀打(予想)△5八桂成▲同銀△4五馬。
手駒が金銀とあるので次に△7九銀▲8五飛△同飛▲同馬△8九飛が狙いに。



110手目:



▲3四桂△4五歩▲同香に△4四歩と打った。悪手。
ここは△3四飛と桂を取るしかなく▲4二歩成に△5四桂と詰めろを掛けつつ馬筋を止めて互角の形勢と思う。
この将棋で一番悔やんだ手です。このあとは駒をぼろっと取れることはなかったので。
私は敗着に等しいと思っています。


138手目:




▲3四歩に△4三桂が敗着。
ここは△3四飛と歩を取るしかなかった。そうすれば持ち駒が金銀桂香と4枚ありチャンスを待てた。
△4三桂以下は▲3三歩成~▲7三馬で次に飛車が4段目から消えると▲3四桂がある。
△3四飛は読んだのですが▲2五金△5四飛▲3四桂が気になってしまいました。
でも▲3四桂には△1一玉で▲4六馬には△3四香がありますね。
やっぱり△3四飛で勝負でしたね。先手に手が広いので間違えてくれる可能性もありますし。


初優勝とまではいきませんでしたが、初の決勝戦を経験できてよかったです。
cobra creedさんおめでとうございます!


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。