--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.14

破門の一手 #10

相手が四間飛車穴熊でした。

なのでこちらも穴熊へ。しかし慣れないことをしたので6七の金が浮いたまま開戦に。

▲2四歩に後手が3八竜とした図の局面で間違えました。

先手が私です。




飛車が2筋から移動したくないのですが、▲2六飛と浮くと△2五歩~△3三桂で飛車が死にます。
とはいえ、▲5七竜と逃げるのでは△2九竜で桂損です。

破門の一手(本譜):▲2三歩成
以下△2七竜▲3二と△4四角となり、駒損のうえに△2七竜と取られた手が6七金に当たってしまいひどいことに。

ここは▲2六飛が正解で、△2五歩▲同飛△3三桂▲2三歩成△2五桂▲3二と△4四角とするべきでした。桂馬ははねられますが、3八の竜が6七金に当たってないのが大きいです。
とはいえ劣勢ですが。

そもそも▲2四歩が重く一回▲6四歩を入れておいてから浮きゴマをなくすとかすべきでした。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。