--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.19

やわらかいな

四間飛車相手の一局。
右4六銀戦法でいきましたが失敗でした。
相手が4三銀上がってからじゃないとだめです・・。

先手四間飛車、後手居飛車で後手が私です。

 図は△8六歩▲同歩△同銀に▲2五歩とされたところです。
相手の2五歩は疑問手で▲6六銀が正解だったようです。

 本譜は△3三角▲2四歩△同角▲8六銀△同飛となり、飛車銀がさばけたものの玉頭に火がついて苦戦しました。常に王手飛車の筋がちらついてしんどかったです。


 しかしここで△7七銀成がありました。以下▲2四歩△1二玉で、もし▲7七桂なら△同角成▲2三銀打△同銀▲同と△同玉でこれはこちらが良いですね。駒得で飛車取りが残っていますので。

それにしても玉頭やわらかいな!
△1二玉~△2三銀としてから戦うほうがいいかも。豆腐のようです。。
あるいはここで左美濃はよくなかったのかもしれません。
わかりませんが。

最後は飛車切りからの攻撃で攻めきりました。
即詰み見逃しありましたけど、気づいてはいました。
確認の読み時間が足りなかったです。

レートは623↑

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。