--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.09

破門の一手 #7

一手損角代わりで先手が私です。
銀と飛車桂香の交換でかなり駒得していました。
しかし弱気になってしまい逆転負け。

図は▲3五歩に対し△6七銀と打ち込んできたところ。



手番:先手
玉の堅さ:後手
駒の損得:飛車桂香と銀の交換(先手)
駒の効率:同じ
先手優勢

この局面、対局中なぜかこの期に及んで、攻めを切らせないかと考えてました。
直前に▲3五歩として攻め合いにいってるのに。
相手の△6七銀で急に弱気になってたようです・・・。

破門の一手(本譜):▲6七同金右
以下△同歩成▲同金△6六歩▲7七金△6七金となり、
ここで▲6八歩などとしてしまい、△5七馬で終わってしまいました。

正解は当然▲3四歩でした。
以下△5八銀不成なら▲3三歩成~▲3四歩として攻めが続きます。
△7八銀成でも▲同玉△3四銀なら▲5五馬と活用できます。

一応読みはしたんですが敵玉が遠い気がしていました。
▲3四歩がなんか遠いと思ってしまった感覚がおかしい。


ちゃんと急所の歩を伸ばせたのに、弱気になってはだめですね。
負けてもいいから弱気だけはやめようと思った一局でした。

この記事へのコメント
こんにちは~・・・

破門シリーズ、面白いですねぇ~^^
コメントはしてないけどいつも見てるよぉ~(^‐^)♪
と言うことで「角換わり」は私も最近、密かに連採してるので一言。
本譜の「▲67金右」はもう親子なら「勘当」の1手ですね。(笑)
と言うのも・・・角換わりって
「ギリギリの細い攻め」
を繋ぐか切らすかと言うスリリングな展開になりがだけど。
(だから早めに端歩、切らしていつでも1歩補充できるようにしたりね。)
谷川九段(あかねっちも)が得意としているようにスピードが命。
とすると「手順に駒をさばきたい」(駒効率、攻めに勢い)。
受ける側からすればそれは避けたい。
本譜のポイントは「66の歩」だよねぇ~・・・
▽はこの位を取る代償に駒損とかしたのかな?
だからこの歩が手順にと金になる本譜の筋は最悪だね。(笑)
ここら読みうんぬんではなく棋理だと思う。
だからたとえ負けても「指してはいけない」類の手だと思うよ。(▲67金右www)
まぁ強い人に言わせると「絶対手(=絶対指してはいけない手)」なんだろうね。
私もよく指摘されて破門絶縁勘当されまくってます。(爆)
お互い身寄りの無い者同士、今後も精進しましょう~・・・(T。T)y─┛~~
Posted by 大山少将・・・ at 2008.11.09 11:07 | 編集
ブラさん、こんばんわ。
見ていただいてありがとうございます~。

やっぱり勘当ものでしたか!^^;
たしかに手順に駒をさばかれるのは避けたいので、
そう指していたつもりなんですが、ここでは忘却の彼方でした。
6六の歩は3手前に△が垂らした垂れ歩です。
中盤にこちらが角成+桂を無条件ゲットして有利になっていました。
代償というか苦し紛れという感じです。
垂れ歩に対して相手にせず▲3五歩としました。

いやーでも「歩がと金になる」のが「手順にさばかせる」ことになるとまでは考えませんでした。
たしかにこれでは手順にさばかせてますよね・・・。

破門絶縁勘当とはこれフルコースですね!
できるだけ勘当される手は見えなくなるように、お互いがんばりましょう!
Posted by Sun Ray at 2008.11.10 21:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。