--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.27

不調

うっかりから劣勢になり、挽回して互角の状況までもっていくも、
それがせいいっぱいだった一局。

先手が私です。早指し。


32手目△4五歩と仕掛けられたところ。
こちらの自陣の形が悪すぎてこまりました。
ここは▲5五歩として△同銀▲4五歩としておくべきでした。
本譜は▲2四歩△同角とされてしまい困りました。











86手目△7六歩と取り込まれたところ。
形勢を見てみます。
駒割は銀、桂と角の交換で二枚替えされている先手が不利かな。
駒の効率は後手の3六の金とこちらの6八の角があることから互角~。
玉の堅さはほぼ同じ。手番は先手を取られているので後手。
後手有利っぽいですね。
本譜は手抜きで▲4一飛でしたがこれは疑問でした。
ここは▲7六同銀が正解。以下△5六桂▲同金△同銀▲4一飛△9二玉くらいで、
まだ勝負できました。
本譜は銀を渡したのがまずすぎました。不調です。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。