--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.24

SMK棋聖戦2回戦

takaponnさんとの対局、棋聖戦2回戦です。
対局後、観戦者の方から面白かったといってもらえた将棋。
やってるほうは必死でわかりませんが^^;

相掛かりで先手が私です。15分。


40手目△8五銀
ぱっと見は▲7七銀でした。
しかし角の逃げ道が少なくなるのが嫌だなと。
例えば▲7七銀△7四銀▲6六角△6四歩が気になりました。
でも△6四歩▲4五銀△6五歩▲5四銀△6六歩▲4五銀と引いておいてよさそう。
対局中は二枚替えになってしまうと思ったんです。
きちんと読めてませんでした。
結局▲7七桂として△7六銀を誘って▲7二歩と垂らしました。
▲7二歩は危険で、△3九角▲2五飛△2四歩▲同飛△7七銀成▲同銀△5六飛!がありました。
7五の角が浮いてしまってるのがまずいですね。
いったん▲6六角としてから▲7二歩でした。



56手目▲7一飛△5一金とした局面。
本譜は▲4七銀と受けましたが受けになってませんでした。
もし△5八角成なら▲同銀△4八金が詰めろで▲4九角とするしかありません。
ここは▲8四角がありました。詰めろ。
こちらの玉は△5八角成▲同玉となってもまだ大丈夫です。
対局中はこれが気になって(先手、先手で攻められそう)受けばかり読んでました。
当然▲8四角にも気づいてませんでした。

本譜▲4七銀以下△3三銀▲9一と△2九飛成▲8四角となり先手がいいかなと感じました。
後手は3三銀がよくないようです。換えて△5八角成△8六歩なら互角でしょうか。




70手目△3三金打と受けたところ。
ここで最初の詰みがありました。
▲2三角△3一玉▲3三香不成△2二玉▲3二角成以下詰み。
対局中も読んだのですが最後の△2二玉で逃れてると判断して打ち切ってしまいました。
▲3二角成が読めず。









77手目▲6二角成△同金▲3三桂不成と桂を取った局面。
実はこの手に代えて▲6二龍なら必至でした。
対局中もこれが狙いでした。
ですが相手に角が入ったため△6九角が詰めろになってる気がして。
変化を読んでたのですが読みきれず。
ていうか▲6八玉△5八角成▲同銀で大丈夫と思った後、
なぜか▲8九玉の変化を読んでました。なぜ。。?
冷静ではなかったですね。

ここで△3三銀とされていれば仕切りなおしでした。
本譜は△5一玉▲8四角△5二金左でしたが△7三桂とされれば、
まだまだ分かりませんでした。依然有利ではありますけど。

このあと▲3二金△3三銀▲6二角成△同金▲5二香以下詰みを見つけることができました。
実は▲5二香ではなく▲4一金打で終わりと思ってたんですが5二に逃げられるのであせりました。

最後はなんとか6三の地点をこじ開ける手を見つけて勝ち。
いやー疲れました。
局後、ほんとに勝ったのか実感が湧かなかったのですが、
あとからだんだんうれしさがこみあげてきました。

まぁ8四角に気づけたのが大きかったー。
この角出はNHK杯戦の横歩の将棋で見たことがあって、
強烈だなぁと印象に残ってました。

これで3回戦進出です。
次はygorouさんと3月26日に対局の予定。
たのしみ~。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。