--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.01

JT将棋日本シリーズ

JT将棋日本シリーズに初めて行ってきました。将棋イベント自体初参加です。

プロ公式対局は渡辺竜王対郷田九段でした。
解説は高橋道雄九段。

将棋は相掛かりになり郷田九段が棒銀にでました。
そして図の局面(郷田九段の手番)で次の一手クイズが出題されたのですが、難しかったです。
会場でも的中者は20人くらいのようで。
図は△4四角と2二からふわりと出たところ。




ここから郷田九段が指した一手が当てにくい。三手目にどうさすかわかってないと当てられないかも。
渡辺竜王は三手目の局面を軽視していたようなことを言っていました。


正解は以下に白字で書いておきます。
--------------------------------
▲4六金が正解。以下△8五飛▲3五銀!
そのあとは後手からの飛車先へのたたきのタイミングがあやふやですが、
△3五同角▲同金△2七歩▲同飛△2六歩▲同飛△3五飛▲2四角△3三飛▲3四歩△2三歩▲1五角△2三銀
▲3三歩成△1五銀となり後手の銀が遊んでしまいました。

--------------------------------

最後に勝利棋士の郷田九段と握手できました。
ぷにっという感じの手の感触でした(笑

対局中の手つきは郷田九段がしなやかな感じ。渡辺竜王は直線的な感じがしました。
スポンサーサイト

Posted at 14:47 | 将棋 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。